自己破産申請をする前に考えよう

自己破産って何?どうしたらいいの?自己破産をする前にできることは?自己破産についてまとめてみました。

住宅ローンの返済が困難になったら

持ち家やマンションを購入する場合には、多くの人が住宅ローンを利用し長年それを分割して返済していくかたちをとっています。しかし不動産を購入したものの、リストラや収入の減少、病気などさまざまな理由で住宅ローンを返せない状態に陥ってしまうことがあります。

不動産を購入してローンを組む場合、金融機関等は融資の担保としてその不動産に抵当権を設定しており、住宅ローンの返済ができなくなるケースに備えています。

ローンの返済ができなくなった場合、金融期間等からは督促状や催告書が届くようになり、固定資産税や住民税を滞納してしまうと、役所は税金を回収するために動産に差押えの不動産登記を行います。 そして最終的には、裁判所から競売開始決定通知書が来ることになるのです。

競売になった場合、競売手続きから落札までは3か月以上もかかり、落札価格も一般市場相場価格の7割程度になってしまう場合もあります。その場合に残ってしまう債務の方法を交渉することもできませんし、競売物件としてチラシ等で宣伝されるため精神的な苦痛を負うことも覚悟しなければなりません。

このような状況を避けるため、住宅ローンなどの債務を残したままで抵当権や差押えを解除してもらって一般の市場で不動産を売ることが、任意売却なのです。

任意売却の方法をとると、少しでも有利な条件で不動産を売却するために金融機関と話し合い、売却した後の債務についても、無理なく返済していけるように交渉をすることができます。また引越の時期などの相談にも対応してもらえるので、前向きに今後の生活設計を考えることができるのです。

ですから住宅ローンの返済が難しくなった場合、出来るだけ早 く任売専門業者などの専門家に相談することをお勧めします。