自己破産申請をする前に考えよう

自己破産って何?どうしたらいいの?自己破産をする前にできることは?自己破産についてまとめてみました。

自己破産する前に自覚しておくべき事とは

借金を返済できる状況ではなくなった場合に、合法的に借金の返済額を減少させる方法として債務整理が用意されています。債務整理にはいくつかの方法があるのですが、もっとも効果もデメリットも大きいのが、保有している財産を手放す代わりに返済することを完全に免除される自己破産です。
レ点

自己破産は、破産を行っただけでは借金を零にすることはできません。支払い能力がないという事と財産隠しなどの反社会的な行為を行っている事がないという事が認められて、借金を返済する責任を免除されるという意味の免責決定が下される必要があります。

自己破産の申し立てを行ったにもかかわらず免責不許可となってしまうケースは、非常に少ないという事が報告されていますが、可能性が零というわけではありません。浪費やギャンブルが理由の借金によって破産を行った場合は、免責不許可事由となっています。

自己破産の申し立てを行ったからといって、借金を完全に零にすることができるわけではないという事は認識しておく必要があります。自己破産の申し立てを行ってから免責決定が下されるまでの間は、職業制限がかかることになります。人によっては職を失ってしまう可能性もあるので、すべての人に向いている債務整理の方法とは言えません。

デメリットを踏まえたうえで将来を見据える


自己破産によるデメリットとしてもっとも大きいのは、金融機関が加盟している信用情報機関に記録されてしまうので、記録されている間は新たに借金を行う事が出来なくなってしまうという事です。任意整理などのほかの債務整理も同様に記録されてしまいますが、自己破産の場合は記録されている期間が最も長くなっており、最長で10年間は記録が消えることはありません。

現在の職業や将来的な展望をよく検討した上で、行う必要がある債務整理の方法といえます。一度免責が許可された場合には、ふたたび許可されるのは難しくなってしまいます。心機一転零からスタートするための方法として有効ですが、何度も行える方法ではなく、デメリットも生じるという事を自覚しておく必要があります。